プラスチック金型熱処理割れ

- Feb 09, 2018-

1.焼入れ前の鋼は焼入れ前に焼鈍されていない。
2、高硬度、硬度と靭性への注意は妥当なバランスゾーンを探して、矛盾したボディです。
3、不均一な硬度、ワークの硬度の偏差は、貧弱な研磨効果、ストレスだけでなく、
4、急冷、過熱、粗粒、脱炭が深刻、マルテンサイト粗大、粗大結晶破砕、靭性、プラスチック低;
5、後の処理または生産環境の応力の重ね合わせで残留応力を生じる焼戻しの欠如、応力は鋼の疲労強度よりも大きい。
6、焼戻しまたは焼き入れ絶縁時間が不十分であり、焼成に不十分であり、プロセス欠陥、加熱または冷却が速すぎる、冷却媒体選択を急冷する、冷却温度が低すぎる、冷却時間が長すぎる。