製品ポートフォリオを調整し、すべての自動車投資を追加

- Jul 04, 2018-

現在、Sumitomo Demagはドイツに2つの工場に投資しています。 Wiehe工場は、全電気式射出成形機の世界的なR&Dセンターであり、その先進的な生産ラインは生産能力を30%増加させます。 別のプラントであるSchwaigは、新しいマシニングセンタの試運転により、今年末までにプラテン処理能力を倍増させる予定です。


このため、Sumitomo Demagは市場の変化に適応するために製品ポートフォリオを調整しました。 「ドイツでは、小型全油圧プレスの生産に代わるスーパーオールエレクトリック駆動技術を使用しました。 FAKUMA 2018はクランプ力を持っています射出成形機の最大1200kNへの投資は、中型射出成形機のパッケージングとサーボ油圧トグル技術のハイブリッド駆動技術に移行します。


さらに、Sumitomo Demagの製品ポートフォリオには、クランプ力が1,500〜7,500 kNの幅広い用途の射出成形機El-Exis SPシリーズが含まれています。 汎用機械の場合、モジュラーSystecは、1,600〜15,000 kNのクランプ力を持つ射出成形機に適しています。


Liebigは、「IntElectシリーズの高精度射出成形機は、今後も当社の主要製品であると確信しています。 締め付け力範囲が500〜4,500kNの射出成形機は、幅広い用途に適用できます。 私たちは全電動射出成形機65,000台を納入しました。全電気駆動部品の内部開発も加えられており、全電動モーターの開発をリードすることができます。