Arburg Pves「デジタル・ロード」への道

- Oct 20, 2018-

今回の展示では、Arburgのブースエリアは1,240平方メートルで、今後の射出成形を体験する機会を提供する「Digital Road」展をテーマとしています。


Arburgの記者会見で、同社経営陣のスポークスパーソンであり、Michael Hehl監督は、「デジタル道路」には3つの意味があると説明しています。 まず、ファクマでのArburgのブースを意味します。 第二に、「道」またはより正確には、K2019への道; 三番目:顧客と潜在的なバイヤーへの信号。 "


すべてのArburg's Allroundersは、新しいモダンなカラースキーム「ミントグリーン、ライトグレー、ダークグレー」でデビューしました。 2019年に始まり、この新しい配色はArburgのAllrounderマシンすべてで使用されます。


デジタル化を促進するため、ArburgはSELOGICA NDおよびGESTICA制御システム用の6つの補助ソフトウェアパッケージを開発し、これらのパッケージをブースに展示しています。


Arburg Duo Control Module(ATCM)もこのショーでデビューしました。 このターンキーシステムの中心は、1 + 1マルチキャビティモールドを使用してレベルの2つのハウジングパーツを生成する、オールモーターAllrounder 470 Aで、クランプ力は1000 kNです。 このプロセスには、複数のテストステップと各レベルのQRコードラベルも含まれています。 ATCMは、OPC-UAインターフェースを使用して、アーカイブと大量のデータ解析のための射出成形プロセスに関する情報を記録します。


さらに、Arburgは、新しく設計されたAllrounder 820 Hオイル - 電気ハイブリッド射出成形機をはじめて使用しています。 この射出成形機は、包装用途向けに特別に設計されており、GESTICA制御システムを備えています。 この高性能射出成形機は、3,700 kNのクランプ力と2,100個の射出点を再設計しました。 機械には、4つの薄壁IMLコンテナを生産するIMLシステムも装備されています。


アルバーグにとって、2018年上半期の機械および補機類の新規受注額は、前年度比で10%以上増加しています。 セールスゼネラルマネージャーのゲルハルト・ベーム(GerhardBöhm)氏は、影響を受ける可能性のある「懲罰的な関税」のような経済的混乱に関しては、特定の市場における不確実性が浮上し始めたと述べた。


「例えば、特定の生産現場でのプロジェクトや意思決定にわずかな遅れが生じています。 しかし、これまでのところ、影響は軽微であり、我々が最も重要な市場で行ってきた事業は大きく変わっていない。 "