アジアは世界のTPE生産の56%以上を占めています

- Oct 12, 2018-

Ceresanaが実施した調査によると、2017年には約470万トンの熱可塑性エラストマー(TPE)が世界中で使用されました。


TPEの生産は主にアジアに集中しており、そのうち56%以上が北米、西ヨーロッパで3番目に大きな地域が続いています。 TPEの需要は主要な経済力に起因する。 中国、米国、日本、ドイツの合計需要は、世界需要の3分の2を占めています。


TPEのユニークな機能と加工の容易さのために、主な用途は、約36%を占める自動車用ファブリックコーティング、シールおよびバンパーなどの自動車産業にあります。 したがって、TPEの将来の需要の焦点は、自動車業界および輸送業界ならびにそのサプライヤーに集中することになります。


TPEは、機械工学、医療機器、電気機器、電気工学など建設やその他の分野でも使用されています。 TPEは、ケーブル、靴、スポーツ用品、おもちゃ、家電など、次のような日用品に関わっています。


世界市場で最も一般的に使用されるTPEカテゴリーは、バインダーブレンドから道路建設に使用される改質アスファルトまで幅広い用途に使用されるスチレンブロックコポリマー(SBC)です。 第2のカテゴリーは熱可塑性ポリオレフィン(TPO)であり、主に自動車産業で使用されている。


さらに、TPEの主な用途は、インスツルメントパネルとエンクロージャーで使用できる熱可塑性ポリウレタン(TPU)です。