自動車産業:軽量かつグリーンな製造の緊急ニーズ

- May 31, 2018-

クラウスマフェイ(KraussMaffei)は、より短い成形サイクルで繊維、プラスチック、金属からなる混合材料自動車試作品を製造できる熱可塑性樹脂移送成形(T-RTM)技術を導入しました。 新しい計量システムにより、原料(カプロラクタム)のオンデマンド供給が可能になり、ガラス繊維(白)と炭素繊維の両方を処理するのに使用できる炭素繊維材料と処理工程の無駄を最小限に抑えます。 現場で成形されたプロトタイプは、金属インサートを備えた繊維強化複合構造の自動車構造部品であり、生産工程にはほんの数分しかかかりません。 明らかに、熱可塑性(PA6)構造部品は、熱硬化性プラスチックよりも高い衝撃強さとより延性の高い破断特性を有する。 さらに、T-RTMは、射出成形プロセスよりも繊維含量が高く、粘度が低く、部品が極薄くなります。 KraussMaffeiのT-RTMプロセスには、反応処理装置、熱可塑性樹脂、トランスファー成形技術が組み込まれています。 また、連続繊維、短サイクル、溶接性、およびリサイクル性の利点を持ち、現代の軽量化を可能にします。 生産の完璧な統合。