スタンピング部品の悪い現象

- Feb 09, 2018-

主に以下の分野で共通する悪い現象の部分を打ち抜く:
1、鋼板の表面や異物の内部異物が混在して、ボリュームは傷のような状態です。
2、スクラッチ(ローラ表面や異なる物質が原因)、コーナー(20~30ミリメートル)不均一な応力や変形や圧力のしわのために、材料の破損のエッジ;
3、異物がロールの後部に入り込んで隆起してこぼれ落ちる(異物が落ちる)。
4、不規則な損傷のエッジ、悪い材料のルールの外;
図5に示すように、ローラに付着した異物(ローラに付着した異物)は、目立つ溝マークの表面の深さによって異物が発生する。
実際に使用した後、膨らみ(異物がなくなった)とローラの痕跡(ローラーに付着した異物)が傷ついた後のロールの裏側への傷(ローラ表面または異常な物質)、異物が最も好きな問題の使用、ソリューションは非常に簡単ですが、異物の消失は直接的な方法です。