Borealisは再生プラスチック生産量を2025年までに4倍にする計画

- Nov 03, 2018-

ポリオレフィン、化学原料、化学肥料用の革新的なソリューションの大手サプライヤーであるBorealisは、新しいプラスチック経済のための「砂のライン」契約に署名しました - それは発生源でのプラスチック汚染を排除するための世界的な合意です。


世界的な大手包装メーカー、ブランド、小売業者、リサイクル業者を含む250の世界的組織、ならびに政府および非政府組織が、プラスチック廃棄物および汚染物質を発生源から排除するための世界的な合意に署名しました。 プラスチック包装の製造に従事している世界の企業の20%が契約に署名しました。


Arctic CEOのAlfred Sternは、次のように述べています。 「私たちはプラスチック製造業者として、プラスチック廃棄物とリサイクルの問題解決に貢献してきました。 「A Line in the Sand」という世界規模の協定を支持するだけでなく、2025年までに再生プラスチックの量を4倍以上増やすことを約束し、海洋プラスチック汚染を排除するためにプロジェクト停止プログラムをさらに拡大する。」


世界的な合意は、プラスチック包装産業における「新たな状況」を目的としています。 協会は提案された目標を18ヵ月ごとに見直し、今後数年間でもっと積極的な行動をとるでしょう。 この契約に署名する企業は、再生プラスチック包装の開発を推進し、透明性を確保するために、年次進捗データを公表することが求められています。


合意の主な目的は次のとおりです。

  • 問題のあるプラスチックまたは不要なプラスチック包装を廃止し、プラスチック包装モードを再生プラスチック包装モードに変更します。

  • 2025年までにプラスチック包装の100%を簡単かつ安全にリサイクル、リサイクルまたは劣化させることができるようにするための革新的な研究開発。

  • 再利用可能なプラスチックまたはリサイクルされたプラスチックの量を大幅に増やし、それを新しいプラスチックの包装または製品に変えることによって、プラスチックをリサイクルします。

  • 問題の排除プラスチックまたは不必要なプラスチックの使用は、世界的合意のビジョンの重要な部分であり、残りのプラスチックの経済的価値を維持し、プラスチックの汚染を防ぐのに役立ちます。