カナダ、ニッチ製品に注目

- Jun 21, 2018-

カナダの化学・プラスチック産業は、安全なアクセス、低原材料価格、インフラストラクチャーによって支えられています。


IBISWorldの最新レポートによると、カナダのプラスチック・樹脂製造業は2022年まで5年間で成長を続けるだろうが、それは過去5年間よりもはるかに遅くなるだろう。 減速の理由の一部は、カナダドルの上昇です。


さらに、業界の状況は、特に米国のような外国の経済状況に対して非常に脆弱です。 しかし、一人当たりの可処分所得と消費者支出が増加するにつれて、川下需要が成長を促進するだろう。


IBISWorldは、カナダにおけるプラスチックおよび樹脂製造の市場シェアは比較的低いと見積もっています。 2017年に業界全体の売上高に占める上位4社の割合は29.2%と推定されています。 この数字は、2017年までの5年間でかなり安定しています。


業界の他の企業は、中小企業です。 彼らの戦略は、スケールメリットの欠如を補うためにニッチ製品を供給することです。


カナダ製品の需要の大部分が米国など海外からのものであることを考慮すると、カナダのプラスチック産業は非常に競争力があります。


Canada Trade Commissioner Serviceのデータによると、2020年までにカナダの化学工業だけで27%の成長が見込まれています。