ファクマ 2018年は、高品質なプラスチック処理ソリューションを紹介します。

- Sep 07, 2018-

Coperion と Coperion K トロンは、高品質プラスチック処理ソリューション - 特に、今後 10 月ファクマ 2018 年に効率的な複合プロセスにバルク材料の供給を起動します。Coperion ZS B サイド フィーダーと電子圧力補償 (EPC) システムは、展示されていた。


Coperion ZS B ツイン スクリュー側フィーダーは確実に粉状又はペレット状の充填剤及び添加物をフィードまたは 2 軸型エクストルーダーの過程の一部にガラス繊維をカットできます。


ZS B ツイン スクリューとセルフ クリーニングのプロファイルと製品押出機停滞分野のねじに入る。そのコンパクト設計により非常に小さなスペースが必要です。


飼料多孔質ガス透過壁を介してフィード ゾーンに真空を適用 Coperion によって開発された強化技術特許を取得した FET 側のフィーダーが備わっています。結果として得られるガス抽出はトリプル処理中にフィードを吸入する材料の能力です。合格率は d を大きく、細かい/非圧縮梱包を使用することが可能。


ショーで Coperion K トロンは高精度無重力フィーダー、EPC システムを展示します。精度向上と信頼性、導入コストの低減およびインストールが容易に伝統的な機械的圧力補償システムと比較して、新システムの主な利点が含まれます。


ホッパーとアウトレットで精密で安定した圧力補償を提供する独創的なしかし、単純な電子ソリューションです。モジュラー設計では、圧力センサーと Coperion K トロン KCM フィーダー制御システムとスムーズにやり取りする電子機器も含まれています。


さらに、既存の送り装置の換装オプションがあります。EPC は、ほぼすべてのアプリケーションで、すべての産業における重力送り装置にほとんど Coperion K トロンにインストールできます。