Covestro、2025年までに温室効果ガス排出量を50%削減

- Jul 18, 2018-

Covestroのポリカーボネート事業部長Zhou Binbinは、「持続可能性は、Covestroの研究開発と企業戦略にとって非常に重要な戦略的柱であり、さまざまな部分に浸透しています。 スローガンではなく、2025年までに特定の温室効果ガス排出量を50%削減するという非常に重要な目標を設定しました。


Covestroはワークフロー全体から持続可能性を実現します。 現在、上海統合基地の蒸気と電力消費量は15%削減されており、LED照明の使用により電力消費量を50%削減しています。 周Binbin氏は、同社の新しいR&D製品と技術の80%が排出削減と省エネだけでなく、国連の持続可能な発展目標と密接に統合されなければならないと指摘した。