DSM は、低温硬化粉体塗料用樹脂の新世代を紹介します。

- Dec 20, 2018-

オランダのロイヤル DSM グループは、Uralac® EasyCure 低温硬化 (ChinaCoat) を表示し、China18 国際塗料中にパウダー コーティング樹脂の新世代を開始しました。


新しい Uralac® EasyCure P 3226 3227 P 樹脂は 10-15 分の 160oC で治すし、パウダー コーティングの優れた耐候性を与えます。さらに、これらの 2 つの樹脂効果的にアルミニウム建材の重機、粉体塗料用硬化エネルギーを削減でき促進する DSM の確固たるコミットメントを発揮、塗装ラインの硬化の効率を向上させる、コーティング業界の持続可能な開発。


硬化速度は 50% まで増やすことができます。


Uralac® EasyCure 低温硬化型樹脂の新世代金属コーティング メーカーとその顧客の重機の顧客のために特に役立ちます。重機の生産で最も一般的な問題の 1 つは機械部品の硬化プロセスを噴霧した後です。


過去に唯一対応するメジャーは、硬化オーブンを展開するだったが、このメソッドは高価だった。今日では、重工業メーカーは粉体塗装を変更するだけで硬化処理を完了するのに単に元の硬化オーブンを使用できます。新しい樹脂の高速硬化技術のおかげで重機メーカーは生産性の大幅な増加の結果平均 10 から 5 〜 6 分、12 分までの時間を養生を減らすことができます。


最大 45% 削減エネルギーを硬化


さらに、重機や建設のプロファイルを塗膜を硬化しながら硬化時定数を維持するが、天然ガスの消費量とエネルギー コストは 45% まで保存できるように硬化オーブンの温度を減らす選択できますも 160 から削減200 度。ウォーム アップ時間を待っています。


過去には、粉体塗料は通常 200 ° c で 10-15 分、硬化に必要な今だけ 10 分間 160oC で治療する必要があります。また、低温硬化粉体塗料は、高粉率と大量生産によって確認することができます炉で低降水量などの他の潜在的な利点をあります。