デュポンは特別な材料製造拠点を構築するために中国東部に投資する

- Nov 13, 2018-

最初の中国国際輸入博覧会で、デュポンは江蘇省張家港市に新しい製造拠点を建設するために8000万米ドル以上を東中国に投資すると発表しました。 このプロジェクトは2020年に完成して操業が開始される予定で、2023年に拡張される予定です。


生産拠点は江蘇省揚子江国際化学工業園区にあると報告されており、これは主にデュポントランスポーテーションとアドバンストマテリアルズを中心とする専門材料の市場需要の高まりに応えるためのハイエンドエンジニアリングプラスチックと接着剤の生産に使用される。


万博の期間中、デュポンの経営陣は張家港市政府の指導者たちと投資協定を締結しました。


デュポン・トランスポーテーション&アドバンストマテリアルズ部門グローバルプレジデントのランディ・ストーン氏は、次のように述べています。


「私たちは、特に電気自動車やハイブリッド自動車メーカーなどのエンドユーザーから、デュポンの高度なポリマーとそのソリューションへの強い需要について洞察を得ています。 私達は新しい製造業の基盤が私達が企業の開発をよりよく支えるのを助けると信じています。 彼が追加した。


新ラインは、主にデュポンナイロンエンジニアリングプラスチック、ホモホルムアルデヒド樹脂、熱可塑性ポリエステル、熱可塑性エラストマー、潤滑剤、特殊シリコーン材料を生産しています。 この拠点には自動車用接着剤の新しい生産ラインも含まれる予定で、将来的には他の特殊製品の生産も計画されているが、新しいDuPontの中国での最初のクロスビジネス製造拠点となる。