ファクマ 2018 年プラスチック加工のバリュー チェーンの技術の饗宴

- Oct 16, 2018-

ファクマ 2018年展覧会は、10 月 16 ~ 20、2018 年からドイツ、フリードリヒスハーフェンの処理高品質なプラスチックの近代的なソリューションを展示する 1,900 のよく知られている出展者を一緒にもたらすでしょう。技術革新とプラスチック産業のバリュー チェーンで高度な技術も発表される聴衆のため。


プラスチック産業における 2 つの主要なトレンドは、効率化とデジタル化に増加しています。省エネルギー ・材料プラスチック加工業者の生産コストを削減し、持続力強化の主要な関心事となっています。さらに、プラスチック加工会社なっているグローバルなシナジー戦略を採用することより一般的なまた接続する巨大な挑戦を提起します。


高い効率と接続、オートメーションと加工工程のデジタル化を達成するためにも増えています。生産プロセスと品質のオンラインを制御することができる産業の 4.0 対応システムへの需要が急増しています。


ショーで多くの機械メーカーとシステムのサプライヤーは、高度なスマート製造ソリューションを紹介します。たとえば、Arburg はスマート マシンの新しい補助システムを開発、企業ブースで紹介します。2018 赤いドット賞を受賞セロジカ ND (新デザイン) と同社の新しい Gestica コントロール システムも展示される、および会社はまたスマート サービスにおける AR の可能性を示します。


さらに、ブース固有の表示領域 sepro に近く、その視覚制御プラットフォームをショーケースします。射出成形用に開発された、この開いているロボット制御システムは射出成形機の制御システムとロボット制御システムを統合します。視聴者は、OptiCycle、ロボット サイクルとお客様とアプリケーションのトラブルシューティングに役立つロボットに接続する能力を自動的に最適化するプラグインのコントロールなど、sepro に近くの新しいコントロール動向をプレビューすることもライブ サポート。両方は、既存のロボットで新規および既存のビジュアルと組み合わせて使用されます。


同時に、エコパワー 90/350 はロボットと接続されている周辺機器をすべて統合ユニログ B8 コントロール システム ヴィットマン 4.0 の完全な統合を披露します。特別な機能は、ユニログ B8 コントロール システムでスプレッドシートを使用することです。マシンはハイキュー流れ、ハイキュー溶融、ハイキュー測光、ヴィットマン Battenfeld ソフトウェア パッケージが装備されるもとショーでこれらのパッケージの機能を展示します。さらに、CMS の状態監視システムの機です。


ショーでエンゲルはどのように高度統合生産ユニット使用ピース キャリパーを生成する ABS を示します。デモンストレーションの間、会社はインテリジェント マシンの分野で適応支援システムの重要性を示しています。この製品の生産プロセスでの問題の 1 つは 2 つのコンポーネントの注入量が異なります。最初の注射後修飾部分を生成するために射出成形機が継続的に最適化自体注入 4.0 プログラムの 3 つのインテリジェントな補助システムの助けを借りて。


イタリアのメーカー フリウル Filiere ファクマ 2018年で新しい押出ライン Futura40 が表示されます。新しい行のハイライトの一つは、業界 4.0 に完全に準拠して押出機の全体のプロセスを一元的に制御する PLC とフリウル Filiere ソフトウェアが装備です。ソフトウェアは、マシンにインストールされているイーサネット、おかげでどこからでもリアルタイムでリモート アシスタンス サービスを提供できることを意味するリモート アシスタンス サービスに統合できます。


Moretto は、最新の技術革新「効率 4.0」今年のファクマでショーを起動します。同社は、「効率 4.0」は高度な機械とソリューションから成る工場を指します。工場内の様々 な機器が接続され、プロセスの完全な制御を保証する監視システムを介して相互に統合します。