プラスチック部品の物理的発泡のための発泡射出成形プロセス

- Aug 15, 2018-

ProTec Polymer Processing GmbHは、今年のFakumaでSOMOS Perfoamer製造ソリューションをプレミアします。 同社は、SOMOS PerfoamerとEngel e-victory 310/80射出成形機を使用してライブ発泡デモを実施します。


ProTecの革新には、ポリマーペレットの乾燥と温度調整のためのすべてのコンポーネントが含まれています。これらのコンポーネントには、圧力下でCO2をロードし、一般に変更を必要としない任意の射出成形機に供給します。


プラスチック部品の簡単で効率的な物理的発泡


SOMOSパーフォマーのおかげで、広範囲のユーザーが、化学発泡剤の典型的な簡単な操作と物理的プロセスの高い発泡圧力とを組み合わせた革新的な発泡プロセスを利用できるようになりました。


低い壁厚でも良好な発泡結果が得られるので、かなりの材料節約が可能である。 例えば、実験室条件下では、ポリカーボネート消費量を最大60%、ポリアミドGF30消費量を最大16%、ミネラル強化ポリプロピレン消費量を最大37%削減することが可能であることが証明されています。


Central 4.0対応のコントローラを搭載したモバイルユニット


さらに、Fumumaに示されているSOMOSパーフォマーは、携帯用に設計されており、輸送が容易で、異なる射出成形機で同時に問題なく使用できます。


それは、ペレットが乾燥され、次いで温度に調整されるコンディショナー、関連するCO2供給源と一緒に含浸されるオートクレーブ、および材料のための緩衝タンクからなる。 統合されたコンベアは、材料を様々なステーションを介して射出成形機に搬送する。


SOMOSパーフォマーはコンディショナーで一元管理されています。 Industry 4.0対応コントローラーには、多数のインターフェースが装備されています。 また、射出成形機に組み込むことも、射出成形機から操作することもできます。