ドイツの機械・設備輸出は4.4%増加

- Jul 02, 2018-

景気の見通しは多少混乱していますが、ドイツの機械器具製造会社の輸出量は依然として増加しています。


VDMAの統計によると、2018年の最初の4ヶ月間で、ドイツの機械工学会社の輸出量は前年比4.4%増加し、561億ユーロに達しました。


2018年1月から4月にかけて、ドイツの機械器具の輸入額は237億ユーロで、為替レートの影響を中心に前年比でわずか1.5%の増加となった。


米国と中国市場へのドイツの輸出は、最も大きな成長を遂げています。 米国の貨物輸送は良好な資本財市場から恩恵を受け、7.5%の増加となった。 米国は2017年12月に税制改革を通過して以来、上記の統計には減税のプラスの影響は含まれていない。


ドイツの機械器具輸出は、前年同期の22.6%よりも遅く、前年比16.4%の増加となった。 これは、中国政府が生産能力の構造調整にもっと注意を払い、輸入設備の需要や調達予算を削減したためである。 "我々はまだ中国市場について楽観的である。 ドイツのハイエンド機械に対する需要は、「Made in China 2025」戦略により急速に拡大しています。 我々は、中国へのドイツの機械器具輸出が増加し続けると考えている」とワートマン氏は説明する。


EUの加盟国へのドイツ機械器具の配達は、前年比でわずか1.7%増加した。 しかし、VDMAはこのデータは一時的だと考えています。 今後数ヶ月にいくつかの調整が行われる予定です。 調整後、EU加盟国の需要は堅調な成長が見込まれている。 しかし、VDMAは、現在の英国の輸出は2.2%減少し、トルコの輸出は期待に沿って3.5%減少したと指摘した。