未来の自動車部品のプラスチックの傾向

- May 26, 2018-

自動車用プラスチックの使用に関しては、飽和状態にはほど遠い。 例えば、プラスチック製のバンパーのみが自動車用プラスチックの総量の約42%を占めており、プラスチックのフロントエンドフレームの使用は近年普及しています。 中国にはまだ試験基準が確立されていない。 したがって、多様化した開発の目標は実現することにはほど遠いことがわかります。


材料カテゴリーでは、ポリプロピレン(32%)、ポリウレタン(17%)、ポリ塩化ビニル(16%)が、自動車の高性能プラスチック全体の約66%を占めています。 新しい自動車用プラスチックの使用にはまだ改善の余地があります。