ブロー成形用自己洗浄粉砕機

- Dec 22, 2018-

市場は進化し続けているし、続く技術に進む材料とブロー成形の色より頻繁に変更します。平均標準的なマシンをきれいに 20 分かかることを考えると、クリーニングのステップはできるだけ迅速に完了する必要があり、人間の介入を減らします。


この点で、トリア、イタリアのカッターの粉砕機、コンベア システム、粉砕システムのメーカーは、ブロー成形機に完全に組み立てることができる 40 と 42 シリーズ 4 破砕機を導入するハイテク ソリューションを開発しました。それは、独立したシュレッダーとしてもインストールできます。


標準的なマシン構成で複数のデバイスが目標の達成に貢献するいるといいます。圧縮空気ノズル、粉砕室と、ホッパーに配置されます、ホッパーに統合されたアクティブ イオン ロッド リサイクル材やほこりに帯電を削除します。


さらに、ノズル、シュレッダー モーター、吸引システムと目標到達プロセス指向の空気振動は、単純な PLC 制御自動ストップ & ゴー サイクル単位によって駆動されます。これらのデバイスの演算子を削除して微粉材料やほこりから切り離す粉砕機のすべての内部の部分でわずか 5 分、ことで吸引で簡単に洗浄できます。


トリアは、お客様のサイトでいくつかの長期的なテストを実施し、オリジナル機器メーカーは、このソリューションの優位性を示すと指摘しました。標準機と比較して、粉砕材料の残留やほこりの量が約 80% 低減され、洗浄時間最終的なマニュアル マシンの仕様によって、60-80% 削減します。ホッパー、破砕室をきれいにする最も困難をセルフ クリーニングして、通常画面、漏斗に残った粉砕材料の量が少ない。