SIPAは射出延伸ブロー成形機用の新しいシステムを開発

- Aug 29, 2018-

SIPAは、変換時間を約4分の1に短縮するECS SP単発射出ストレッチブロー成形(ISBM)マシン用の急速ダイ交換システムを開発したイタリアの機械メーカーです。


SIPA ECS SPシステムは、医薬品、化粧品、パーソナルケア製品、スピリッツ容器、特に20〜50mlの容器などの特殊製品の製造に適しています。 これらの新機能により、特に重要な操作の場合に、オペレータに特別なセキュリティとユーザーフレンドリーさがもたらされます。


ECS SP 50には、射出クランプ力が5 knまで、ECS SP 80に800 kn射出クランプ力があります。 このシステムには、プリフォームコアのローディングとアンローディングのための新しい自動化プログラムが含まれています。 型開きストロークがプリフォームの長さに適切に調整されることを保証するために、追加のセンサが含まれる。


カラープレートの組み立ておよび分解も修正されている。 SIPAは現在、この新しく開発されたシステムの特許を取得しており、2人の作業者を必要とせずに1人で安全に実行できるようになりました。