新しい金型サイドマウントシリンダの構造ソリューション

- Nov 20, 2018-

イタリアのホットランナースペシャリストHRSflowは、NPE 2018年に新しいサイドマウントシリンダーを使用した構造ソリューションを発表しました。そこでは、ニードルバルブノズル用の油圧または空気圧駆動シリンダーを金型の外側に配置しました。 この構成は、修理および保守作業のための時間的および費用的な利点を有し、冷却装置もまた省略することができる。


この新しい設計では、作業シリンダーがホットランナーの外側に配置されるため、システムコンポーネント全体をより簡単に操作でき、作業シリンダーは金型を分解することなく操作できます。 その代わりに、作業者は、シリンダーが依然としてテンプレート上に設置されている間に、単にホットランナーシステムのメンテナンスを行うためにレバーからランナープレートを取り外す。


側面に取り付けられた作業シリンダの第二の大きな利点は、それが流れプレート領域から離れていることである。 したがって、油圧シリンダまたは空圧シリンダを冷却する必要はありません。 ホットランナーシステムの構成および金型内の接続部は、冷却ラインまたは対応する接合部が必要とされないので、非常に単純化することができる。


ニードルバルブを操作するための金型側の作業シリンダーは、バルブニードルを駆動するのに使用される延長ロッドとレバーが使用されるため、油圧または空気圧駆動システムからHRSflowのFLEXflowホットランナーニードルバルブソリューションサーボ電気システムに簡単に変換できます。同じです。


伝統的なニードルバルブシステムと比較して、この方法は明らかな利点を持ち、大きなA級表面を作ることができるだけでなく、反りを減らすこともできる。 この製品は、ドライでクリーンな作業モードのため、クリーンルーム用にも適しています。