Teknor Apexの新製品が射出成形の代わりに材料を提供

- Aug 24, 2018-

Teknor Apex Companyは、ファブマ2018で、ブースの技術的な会談で、新しい高熱ガラス強化ポリアミド(PA)66化合物シリーズを発表します。


導入されたCreamid 240 H7.5シリーズコンパウンドは、耐熱性ポリアミドと高価な特殊ポリマーとのコストパフォーマンスのギャップを埋めるため、射出成型機に自動車やその他の金属交換部品の経済的な代替品を提供します。


新しい化合物は、240°Cの温度での連続使用後でも高いレベルの重要な機械的特性を維持しながら、ガラス充填エンジニアリングポリマーの強度と剛性を提供します。


35,50、または60%のガラス繊維含量を有する現在入手可能なグレードは、同様にガラス充填標準PA 66化合物と比較して劇的に改善された特性保持を示す。


同時に、同等の性能を提供しながら、ポリフタルアミド(PPA)またはPA 4.6などの高性能ポリマーよりもキログラムあたり約30%少ない費用がかかります。


「Creamid 240 H7.5コンパウンドによる追加コスト削減は、処理で達成可能です」とエンジニアリングサーモプラスチックスのグローバルディレクター、ハルトムット・エルサッセ博士は語っています。 「これらの新しい材料は、競合するPA 66化合物やPPAのような高性能製品よりも低い溶融温度と金型温度を示し、エネルギー消費、サイクルタイム、および金型要件の面で経済性を提供します。


新しいコンパウンドは280〜300℃の加工温度と80〜110℃の成形温度を持ちますが、PPAまたはPA 4.6の対応範囲は330〜350℃と130〜150℃です。


Teknor Apexは、チャージエアークーラーエンドキャップ、エアインテークマニホールド、クイックフィットコネクター、ラジエーターエンドタンク、ターボエアーダクト、レゾネーター、オイルポンプホイール、EGRバルブなどの自動車アンダーフードコンポーネント用のCreamid 240 H7.5コンパウンドを推奨しています。サーモスタットケーシング。