射出成形金型のホットランナーの適用が拡大を続けている

- Jul 10, 2018-

ホットランナ技術の適用は、海外で急速に発展している。 多くの射出成形工場で製造された金型の50%以上がホットランナー技術を使用しており、さらに80%以上の効果が非常に明白です。 ホットランナーも中国で注目を集めており、一部の金型企業の使用率は20%〜30%に達しています。


プッシュモールド株式会社は、ウリアンアイの子会社であるプシグループに属しています。 昨年の上海国際医療展(CMEF)では、48キャビティのPET真空採血管の金型で多くの眼球を引き付けました。 採血チューブは、キャビティ数48、製品重量3.9g、成形サイクル8秒、年間生産量1億5000万個のフルホットランナを採用し、高品質・高効率を実現しています。 デマグの血管専用高速射出成形機のラピッドプロトタイピングとWeiliロボットのバックエンドの自動加工により、インモールドピックアップ、移送、仕上げ、パッキングが行われます。 システムサイクルはわずか7.5秒で、効率は50%以上向上し、新しい業界記録を更新します。