自動車に使用されるプラスチックの成長傾向

- May 23, 2018-

過去30年間で、自動車に使用されるプラスチックの量は、1960年代初期の約10kgから21世紀初期の200kgに増加しました。 アジア太平洋地域は自動車用プラスチックの最大市場であり、その性能も注目されています。 現在、中国での各種自動車のプラスチックの使用量は、1台あたり130-160kgに達しており、2010年(70kg)に比べて大幅に改善されていますが、ドイツ(300kg)アジア太平洋地域には改善の余地がまだ残っています。