ユニリーバとヴェオリア ・持続可能な包装の協力協定に調印します。

- Nov 05, 2018-

ユニリーバは、世界のさまざまな地域に経済圏をリサイクル プラスチックを確立するために新技術を共同開発するヴェオリアは、グローバル リソースの最適化管理会社と業務協力協定を締結を発表しました。協力プロジェクトは、2 つの国、インド、インドネシアから開始されます。


この重要な合意に達することでユニリーバとヴェオリア ・はっきりは確認されてプラスチック廃棄物を扱うすべての当事者の責任を共有および廃棄物の収集と処理の展開するバリュー チェーン全体での大胆な行動が必要です。インフラストラクチャは、循環型経済への移行に非常に重要です。


3 年間の共同プロジェクト産業バリュー チェーンにリサイクルされた材料をもたらす助けとなるリサイクル素材に焦点を当てます。ユニリーバ、ヴェオリアが中古包装リサイクル プログラムを実装、リサイクルの容量を増やすし、新しいプラスチック加工技術およびさまざまな国家レベルでの連携事業を通じてビジネス モデルを開発します。


マルク ・ エンゲル、ユニリーバのチーフ サプライ チェーン関係者は、言った:"プラスチック廃棄物による汚染の問題がますます深刻になっています。プラスチックの生産が今後 20 年間で倍増すると予想されます。状況はさらに厳しいだろうこの重要な問題に対処するには、まだやるべき仕事の多くがあります。ヴェオリアと協力して、循環経済の発展を促進する上で有意義な進行状況を作ることができると思います。


「疑いを早急にプラスチック廃棄物の環境へ影響大幅に削減するプラスチック包装のライフ サイクルの管理モデルを変更する必要はありません。これは、新しい協力モデルを開発する業界全体のチェーンのすべての参加者必要「ヴェオリア ・開発・技術革新・市場副社長ローラン オーギュストと述べた。


「このグローバル パートナーシップを通じてヴェオリアとユニリーバする力を参加、世界のすべての地域ではリサイクル、廃棄物の収集から手頃な価格で持続可能な包装業界の新しい未来を再構築するリード。」