米国の出荷台数は前年同期比で15.1%増加

- Jul 16, 2018-

2018年の第1四半期には、プレス機(主に射出成形機および押出機)の総出荷額は3億3370万ドルで、2017年の第1四半期のプラスチック機械出荷量19億ドルよりも15.1%高かったが、2017年と比較して年の第4四半期、プラスチックプレスの出荷は11.7%減少した。


製品の内訳によると、2018年第1四半期の射出成形機の出荷台数は22.9%増加し、単軸押出機の出荷台数は14.6%減少した。 二軸スクリュー押出機(同方向と逆方向の両方)の出荷は27.1%減少した。


「季節的な理由から、毎年第1四半期に出荷されるプレスの量は、通常、他の四半期に比べて少なくなっています」と米国プラスチック工業協会のチーフエコノミスト、パルクピネダは述べています。 しかし、米国経済は第1四半期に好調なスタートを切った。 昨年、法人税法改革は企業の信頼を高めた。 製造(プラスチック加工を含む)では、プレス出荷データは安定した企業利益と同期していました。