ワッカーは、2021年、4万トンのグローバル シリコーン ゴム生産能力を拡大するには、計画します。

- Dec 24, 2018-

ワッカーは 2021 年までに 4万トンのいくつかの生産拠点を展開することによって特別なシリコーンゴムの年産能力合計を拡大する計画し、この目的のための投資資金の約 1 億ユーロを割り当てます。


この拡大構想に、ワッカー シリコーン ゴム自動車製造、エレクトロニクス、医療技術などの基幹産業での需要を満たすために目指しています。この投資イニシアチブを通じてワッカー シリコーン ビジネス ユニットをさらには、専門の製品ポートフォリオを拡大するための戦略を実装します。


世界中の複数の生産拠点の拡大


今年の 4 月にワッカーは鎮川郡, 南朝鮮の基本新しいシリコーン ・ シーラント、熱シリコーン混合物生産操作に入れていた。ワッカーと同社のシリコン生産 Amtala、インドの拠点も室温硬化シリコーンエラストマーと液状シリコーンゴムの生産を始めています。


液状シリコーンゴム、高温と室温の生産能力を拡大する wacker Chemie 計画硬化シリコーンゴムと熱のシリコーン ブレンド ブルクハウゼン (ドイツ)、エイドリアン (ミシガン州、アメリカ)、張り家港 (中国) 2019 年に。


ワッカーは現在検討、チャールストン、テネシー州、米国施設で固形シリコン生産ラインを研究しています。


ワッカーは 2016年からチャールストン生産現場で多結晶シリコンを生産しています。生産拠点は、固体シリコーンゴム材料の生産のための重要なフィラーは、来年、乾式シリカの製造ラインも動作します。